KOSUGI+ANDO installations

Sleepless Babies (2017)

眠 れ ぬ 子 ら の た め に

Sleepless Babies (2017)

眠れぬ子らのために

2017.1.14 ~ 1.28
galerie 16, Kyoto
ギャラリー16

Exhibition "living will #1" planned by Kyoko Shioda
Setting support : Syuji Hirose, Masahiro Ichino

この作品は、1995年そして2011年に制作された原子力発電とその事故をテーマとした三つの作品の流れを受け継いで制作、展示された。1995年の作品《イノセント・ベイビーズ》は、「第6回ふくい国際ビデオビエンナーレ」への参加作品で、当時福井にあった15基の原発をテーマにして制作されたものである。あとの二つの作品、《二番目の埋葬》(ギャラリー夢創館、神戸、2011 年5月)と《遷移状態》(CAS、大阪、2011 年10 月)は、2011年3月11 日の東日本大震災とそれに続く原発事故を契機として制作したものである。

2017年の作品≪スリープレス・ベイビーズ≫は、当時の日本の状況を象徴的に指し示す空間的・立体的な日本の「地図」とも言えるものである。観客はその「地図」の上を、あるいはその中を歩くことになる。 作品内には、二つの鉄製フェンスの「囲い」が設置されている。一つは「福島」の放射能汚染地帯を、もう一つは「沖縄」と米軍基地を暗示している。 さらに壁面の数十個の小箱に格納されたベビー・スプーンは、日本国内にある原発の稼働状況を暗示し、時折一斉に揺れ始め「コン、コン」と箱を叩き始める。観客は二つの「囲い」の回りを巡るのだが、そこはまたスプーンのある壁面に囲まれたもう一つの「囲い」でしかない。 この作品では、様々なオブジェや装置は一旦「記号化」され配置されているが、それらのモノたちがその重さや響きによって「記号の網」をすり抜け、観客の知覚体験によって現実空間に回帰することが目指されている。

———私たちのすぐ横に汚染された森や畑そして町があり、他方ではベッドから身を起こそうと身構えている何基もの原子炉があります。私たちのすぐ横に私たちが立ち入ることを許されぬ場所があり、プロペラが騒音と共に旋回を繰り返しています。「眠りのないもの達」に取り囲まれて、私たちは「眠れない子供たち」と化していきます。作品「スリープレス・ベイビーズ」は、それら「眠りのないもの達」「眠れない子供達」への子守唄です。(展覧会リーフレットより)

This work created and exhibited following the flow of three works on the theme of nuclear power generation and its accident, produced in 1995 and 2011. The 1995 work Innocent Babies was a work that participated in the “6th Fukui International Video Biennale” and produced with the theme of 15 nuclear power plants in Fukui at that time. The other two works, Second Burial (Gallery Mussokan, Kobe, May 2011) and Transitional State (CAS, Osaka, October 2011), were created in the wake of the Great East Japan Earthquake on March 11, 2011, -and subsequence to the nuclear accident.

The 2017 work Sleepless Babies can be said to be a spatial and three-dimensional 'map' of Japan that symbolically indicates the situation in Japan at that time. The viewer will walk on or in the 'map'. In this work, we set up an 'enclosure' of two steel fences. One implies the radioactive contamination zone of 'Fukushima' and the other implies 'Okinawa' and the US military base. Furthermore, baby spoons stored in dozens of small boxes on the wall imply the operating status of nuclear power plants in Japan, and sometimes start shaking all at once and start hitting the boxes with sounds con, con. Viewers walk around the two 'enclosures,' but they are in only another 'enclosure' surrounded by a wall with spoons. In this work, the various objects and devices are once 'symbolized' and arranged. But it is aimed these objects pass through the 'net of symbols' due to their weight and sound. As well as, it returns to the real space by the perceptual experience of the viewers.

---Right next to us are polluted forests, fields, and towns, while on the other hand, there are several nuclear reactors ready to wake up from their beds. Right next to us are places that we are not allowed to enter, and are propellers spinning at high speed with a loud noise. Surrounded by 'sleepless things,' we become 'sleepless children.' The work "Sleepless Babies" is a lullaby to those 'sleepless things' and 'sleepless children'. (from the exhibition leaflet)

Exhibition video(04:03) shot by Kiyoshi Sakashita

Iron bed and black fan

Pan-tilt camera on the bed
and image of the former "Iitate Village Elementary school"

Image from pan-tilt camera on the bed

Warning display
UN AUTHORIZED ENTRY PROHIBITED
無断で立ち入ることはできません
AND PUNISHABLE BY JAPAN LAW
違反者は日本の法律によって罰せられる

Two monitors between steel fences

"Tomioka Machi" town and National Route No.6

Booklet『living will:01 -Sleepless Babies 眠れぬ子らのために』
Size:A5, 92pages(monochrome・color) Published:2018.5.22

Contribution:Goh Hayashi, Hisashi Muroi, Hiroshi Yoshioka, Masahiro Kobayasi
KOSUGI+ANDO interview(Listener:Yasuko Imura)
Edit:Kyoko Shioda, KOSUGI+ANDO
(Sold at galerie 16 (www.art16.net) 1,000 yen)

pdf(29.7MB) download↓


(These pictures were taken by Kiyoshi Sakashita, Harumi Itoh etc.)


詳細:detail