KOSUGI+ANDO installations

Moderate Falling

穏 や か な 落 下

Moderate Falling

穏やかな落下

2010.4.29 ~ 5.13
galerie 16, Kyoto
ギャラリー 16

2006年の展覧会《The Dream of the Forest》における作品《The Depth》、そして同年制作の作品《Chronograph》に続き、カメラが上下動する「カメラ昇降装置」によるライブ映像を用いたインスタレーション。
部屋の中央に設置されたこの装置によって撮影された映像が、予め同じ装置によって撮影された映像と合成され、壁面にプロジェクターで投影される。 カメラの上下の反復移動に対し、投影された映像は常に上昇を続け、相対的に観客は下降の体感を持つことになる。 カメラの上下動(約50秒x2)が5回繰り返される中で、実際に部屋に置かれた椅子や梯子が、映像の中で変化する。

Following the work The Depth at the 2006 exhibition The Dream of the Forest and the work Chronograph exhibited in the same year, this work is an installation using live video with a “camera lifting device” in which the video camera moves up and down. An image captured by this device set in the center of the room synthesized with an image captured by the same device in advance and projected by the projector on the wall. As the camera repeatedly moves up and down, the projected image always rises, and the viewer feels relatively descending. As the camera moves up and down (about 50 seconds x 2) five times, the chairs and ladders placed in the room change in the video image.

Exhibition video(02:05)


詳細:detail