KOSUGI+ANDO installations

Chronograph

7 枚 の 写 真 か ら

Chronograph

7枚の写真から

2006.9.22 ~ 10.20
Luceverde・openspace, Matsuyama
ルーチェベルデ・オープンスペース

部屋の中央に設置された黒いパネルの両側に7枚の写真が貼られている。それらはどれも子供たちの写真だが、その服装や写真の質感から見て取れるのは、かなり古いものから新しいものまで、それぞれが異なった時代に撮られた写真だということである。この黒いパネルを両側から挟むように、カメラの昇降装置が二台設置され、これらの7枚の写真を走査する。二つのカメラで撮られた映像は正面の壁面に並ぶように投影され、カメラに向けられた子供たちの眼差しは、拡大されて観客に対峙する。
「写真を見る」という行為を代行する二台のカメラによって、私たちは7枚の写真をもう一度見ると同時に、上下昇降するカメラの運動を重ね合わせるのだが、いつの間にか、私たちの「見る」行為は、写真の中の子供たちが私たちを「見つめる」行為へと反転する。

There are seven photos on both sides of a black panel in the center of the room. All of them are photos of children, but their clothes and texture of the images show that they are taken at different times, from old to new. Two elevators for the camera installed to sandwich the black panel from both sides, and these seven photographs scanned. The images taken by the two cameras projected side by side on the front wall, and the eyes of the children pointed at the cameras are enlarged to face the viewer.
With two cameras acting on behalf of the “seeing photos,” we revised at seven photos, and at the same time superimposed the motion of the camera up and down. But unknowingly, our act of "seeing" has been reversed by our children to "gaze" at us.

Exhibirion video(02:23)


詳細:detail